スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------
☆☆こちらもよろしく☆☆
ちょろんぬとのびたの大冒険←クロスステッチブログ

スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
恋愛小説風あの頃の番長は若かった④-23 
2010 / 04 / 02 ( Fri )
恋愛小説風あの頃番長は若かったシリーズ
まで立ち上げました。




初回はこちら。
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-1

続きはこちら。
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-2
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-3
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-4
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-5
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-6
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-7
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-8
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-9
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-10
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-11
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-12
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-13
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-14
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-15
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-16
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-17
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-18
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-19
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-20
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-21
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-22
クリスマスイブの朝を一緒に向かえ、

朝食を作り

昨日約束をしていた洗濯物を済ませ

お昼前までのんびりと過ごし

ゆっくりドライブをしながら

私は帰宅した。



本当は

『クリスマスイブの夜を
好きな人と過ごす』

と言うイベントも体験してみたかったけれど、

さすがに二日連続でお泊まりはまずい。

もっとも~っと、

ず~~~っと一緒に居たかったけれど、

その日は午後3時すぎには別れた。





家に帰って、しばらく余韻に浸りながら
うとうとコタツで眠りそうになった時
昌美の事を思い出した。




プレゼント・・・・渡せたかな・・・。



私はコタツから出て電話の受話器をあげて
昌美のベルの番号を入力した後に

(でも・・・・まだあげてないのかな・・・・)

とか

(もしかして・・・あげられなかったのかな・・・)

など

色々考えてはベルを打つのをためらった。



再びコタツに入って
どうしようか・・・と悩んでいると
そのうち、いつのまにか ウトウトし始めて

目を覚ましたのは、
ポケベルを受信した時の
エレクトリカルパレードのメロディーだった。



「ユミチャン・・・イマモセンパイトイッショ?イエニイル?」


昌美からだった。

なんだかこのディスプレイの文字から
昌美がすごく悲しんでる様子が 
うっすらと伝わってきて
嫌な予感がした。


「イマ、イエダヨ」


すぐに昌美から電話がかかってきた。




「ゆみちゃん・・・・・・・・・・・・」

昌美の声が小さくて
なんだかとっても悲しそうな声で



「昌美、泣いてるん?」

「・・・・・・・・・・。」

昌美の返答がなくて
私は

あぁ、ダメだったんだ・・・・。と
確信した。

あんなに素敵な笑顔だったのに
あんなにきらきら輝いてたのに





「ゆみちゃん・・・・」

「うん」

「私、プレゼント・・・あげてないん。」

「もらってくれなかった?」

「ちがう・・・渡し忘れた」

「?? それで泣いてるん?」

「そうじゃなくって・・・・・・」


「昨日のゆみちゃんと先輩の話をさ、なにげなくしたのね、貴志君に」

「うん。」

「『この先ずっと上手くいくといいな~あの二人』とか言ってたのね」

「うん。」

「照れ隠しじゃないけど気がついたら、貴志君の前でゆみちゃん達の事、
いっぱいしゃべってしまったんね。」

「うん。・・・・え!まさかその話して、終わったん?」

「そうじゃなくて・・・・」


なんだか不思議な感覚だった。

昌美はいっつも結論から先に言うタイプなのに
なぜかこの時だけは
ものすご~く遠回しに
どこか言いにくそうにしてる感じで
昌美じゃない別の人と話てる感覚だった。

それでも私はただ黙って聞いてると
電話の向こうから
聞き慣れない昌美の事を呼ぶ
男の人の声がした。


「昌美、今、外なの?」

「うん」

「どこ?」

「学校」

「家じゃないん?」

「うん」

「今、貴志君と一緒なん」

「え!!何?うまくいったん!!?」

「ココに今いるんだけど・・・・」



昌美・・・・・・
もしかして、照れながら電話してるの?
男勝りでいっつも強気な彼女が

ここ最近、
私の恋愛の事で一緒になって泣いてくれたり
好きな男性と一緒に居て照れてたり


なんか・・・・・・

昌美かわいいなぁ










「要するにうまくいったわけね、あなた」

「うん。」

「で、本人がそばにいるから恥ずかしくて、照れてるわけね?」

「うん。」

「で、さっそくおのろけたっぷりで私に電話してきたわけね?」

「・・・・・・」

「っていうか、プレゼントは?」

「うちに忘れた・・・・」



昌美!

普段はしっかりものだけど
肝心な時にちょっと抜けてるのは
昔と全然変わらないね。


私は幸せ気分いっぱいで電話の受話器を置いて
み~んな幸せいっぱいで
なんだか本当にうれしくて

心の中が
あま~い、あま~い
ミルクセーキで包まれてる様な
優しい気持ちでいっぱいだった。





その日の晩。

昌美から電話があった。
今度は昌美一人で、
電話の口調もいつも通りだった。



「昌美~!良かったねぇ。本当に!」

「うん、ありがとう」

「っていうか、さっきの電話、本当にダメだったんだと思ったよ~」

「だって恥ずかしかったんだもん」

「ごにょごにょしてるからさぁ、てっきり『あぁダメだったんか』って」

そうやって10分ぐらい話てた時
母が

「あんた達、家が近いんだから会って話せば?」

と割り込んできた。

結局その後昌美がうちに来て
私と昌美は部屋でず~っとお互いの恋愛の事を
話し続けた。

2時間話しても
3時間話しても

それでも
恋する二人には時間が足りず、
結局昌美はその晩泊まる事になった。


途中で母がクリスマスケーキを持ってきてくれて

「昌美ちゃん、昨日はゆみ、迷惑じゃなかった?」

「いえいえ、今日は私がおじゃまに来ました」

「うちは全然良いけど・・・お母さんにお礼伝えておいてね」

「はいは~い」



母が部屋から出て行った瞬間こっそりと

「昨日、娘は本当はうちじゃなくて彼氏の家だったんですよ」

ニヤっとした顔で言う。







昌美は、
大好きな彼、貴志君と
何か話し始めるきっかけが欲しくて
同じ高専に通ってた
斉藤さんの元彼女が私の親友なんだよ
って話を持ちかけたらしい。

貴志君も前からどことなく
昌美の事は気になっていたらしくって
二人はクリスマスイブの日に
めでたくつきあいはじめた。






「ゆみちゃんさぁ・・・・」

昌美は言いかけて


「やっぱり・・・・いいや」
と、言いかけた言葉をやめて

「ケーキ食べようか!」
と明らかに話をはぐらかした。

「何?」

「いや、やっぱり私が言う事でもないかなって
思ったから・・・・」

「何よ?」

言いかけた言葉をやめるのは
昌美自身が嫌がる事だったので

「なんか昌美らしくないよ?」

昌美が言いかけた言葉が
とても気になった。













「あの女と、どうなって終わったのか
聞いたのかなって思って」


「・・・・・・聞いてない」


昌美はちょっと怒った感じで

「ゆみちゃん、気にならないの?」

と聞いてきた。


「気になるよ、でも・・・」

私は

先輩の傷口を開くんじゃないか? とか

触れられたくないかも知れないから とか

色々言って
このまま先輩の口から聞くまで
この事に触れないで居るつもりだと言った

「でも・・・・もしかしたら
聞かれるのを待ってるかも知れないよ?」


「えっ・・・・・」

「先輩からは言えないと思うよ。
だって先輩からみたら
よっぽどゆみがその事に触れたくないと
思ってると思うよ?」


昌美は真剣な顔で続けた。
「だって、理由を作ったのは向こうだもん。
傷口が開くのは、ゆみちゃんの方だって
向こうは思ってると思うよ?」






今が幸せなら
あの女の事なんてどうだって良い。

今が幸せなら
過去の話を
わざわざほじり返したくない。






でも・・・・


「ゆみちゃん、彼女なんだよ?」

「彼女なんだから・・・・」




昌美・・・・・。






私が踏み出せないでいる

『あの女』
の事を
聞くように背中を押してくれたから




私は
先輩とあの女が
どんな風に終わったのかを聞く決心がやっとついたのだけど・・・・・








先輩から語られた真実が
あまりに衝撃的で

私は自分の人生で初めて

心底、



人を許せなかった。
スポンサーサイト

------------------------------------------------------
☆☆こちらもよろしく☆☆
ちょろんぬとのびたの大冒険←クロスステッチブログ

あの頃番長は若かったシリーズ * Com(18) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
   
推理小説を読んでいて、謎解きの前でしおりを挟んで止めてるときに、
その小説を廃品回収に出されて続きが読めないモヤモヤとした気分?
…いまそんな感じだわw
読んでいる人間のツボを押さえる上手さといったらw

ああ、もう!
From: KKMD * 2006/11/22 21:05 * URL [Edit] * page top↑
   
も~うまいな~。引っ張るのが・・・。
この後がずっごい気になる・・・・ε=(‐ω‐;;)
From: mossしのぶ * 2006/11/22 21:09 * URL [Edit] * page top↑
   
いやぁ・・・
しっかし、毎回読んでいてドキドキしてしまいますわ。
色々経験しているんですね(°Д° )
うらやましいような、そうでないような・・・(笑)
From: くるくる * 2006/11/22 21:16 * URL [Edit] * page top↑
   
あ~、せっかく最近の恋愛シリーズを
一気読みしたのに、もどかしいところで・・・

そういえばバナーの話がありましたね。
自分の会社のバナーは作ったことがあるので
番長さんのも作ってみようかなぁ
っと思ったり思わなかったり

From: よっし~ * 2006/11/22 21:27 * URL [Edit] * page top↑
   
>>K K M D 様 

あ~じゃぁ、オイラも廃品回収にだしちゃおうかしら、
このシリーズ。ぷぷ。
いやいや、オイラの自己満足ですので
もちろん最後まで書き続けますが、
そんなにもやもやされちゃうともっと引き伸ばしたくなるわ!
オイラって痛い子。・・・・・・


>>m o s s し の ぶ 様 

この後・・・オイラはも~本当に
自分高校生なのか?って思うぐらい
嫌な感じな真実でした。
人って怖いね~。


明日は恋愛シリーズお休みにしようかしら(笑)


>>く る く る 様 

色々経験しちゃいました。高校生の分際で。
この恋愛は・・・・
ただ先輩と私だけの恋愛だったら
本当に素敵な恋愛だったと思うけど、
周りが色々絡まりすぎて相当辛い思いもしました。
あまりオススメじゃないかも・・。


>>よ っ し ~ 様 

おかえりなさい!
日本はやっぱり良かろう?(なんか偉そう)

思わなかったりかよ!
失敬な!
思わせぶりだわ!
その思わせぶりな理由を
またフローにしろ!とか
言いますよ(笑)
From: 番長 * 2006/11/22 21:46 * URL [Edit] * page top↑
   
友達の昌美ちゃん、うまくいって良かった~。
そしてほんとかわいい。
私も二人の様子を同じようにうれしく感じながら、読ませてもらいました~。

友達と何時間もおしゃべり。。。
こんな時期あったよね~。

あぁ、早く明日にならないかな(笑)

From: かこぽん * 2006/11/22 22:56 * URL [Edit] * page top↑
   
>>か こ ぽ ん 様 

昌美も彼とうまくいって本当によかったです。
この日のことはよく覚えていて
二人でず~っとず~っと
お互いのノロケを話してました。
すっごいあまあまでほんわかとした気分でした。

明日・・・。
あした恋愛シリーズ更新しようかなぁ・・。
どうしようかなぁ・・・・・。
From: 番長 * 2006/11/22 23:24 * URL [Edit] * page top↑
   
こんばんわ!
むっはーi-237
続きが気になります!!
ドキドキしながら読んじゃいましたv

お友達の昌美さん、上手くいってよかったです~♪
From: べリー * 2006/11/23 00:03 * URL [Edit] * page top↑
   
きゃ~♪やっぱり気になるわぁi-278

あぁ。お友達の昌美ちゃんも上手くいってなんか、本当にホクホクな幸せな気持ちが伝わってくるよぉi-178

ちせはそういう経験ないからなぁ・・・・・。。
恋愛話をする友が、あんまり居なかった(>_<)
ま、いいや(笑
From: ちせ * 2006/11/23 00:07 * URL [Edit] * page top↑
   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From: * 2006/11/23 00:11 * [Edit] * page top↑
   あっ、
やっぱり、妊娠したのはウソだった様な気がしますね (*ノノ)
3Bbakuも同じ様な経験をしているので・・・ _| ̄|○
では、続きを楽しみにしています (*^-^)ノ
From: 3Bbaku * 2006/11/23 01:32 * URL [Edit] * page top↑
   
…とても多くの経験が番長さんを構成しているのですね。
でも幸せと悲しみ、憎しみというのはうまく出来ているものですよね(-д-;)
ちょっと悲しみの方が多い世の中でですけどね!!!

これだけ過去の経験を鮮明に書いていける番長さんを羨ましく思います。
それだけ深く刻まれているという事だと思いますが…
私が同じような事をやろうとしても出来ません(´д`;)
もう高校の時の事すら思い出せませんよ。
それだけ浅いものだったのかもしれませんね~

素敵な企画です(´∇`;)
From: BS * 2006/11/23 01:51 * URL [Edit] * page top↑
   
(-_-;ウーン
番長さんってかわいい(*´ェ`*)ポッ
いろんな経験されてるんですねぇ~
σ( ̄。 ̄) オイラなんて彼女いたけど
なぜか硬派で通ってましたものw
まぁ恋が人を成長させるって言いますもの~
From: mekayan * 2006/11/23 04:04 * URL [Edit] * page top↑
   
えっ!?またすっげぇ展開になりそうなんですね^^;
やっべぇ気になって仕方が無いです(汗
From: イルカ * 2006/11/23 07:19 * URL [Edit] * page top↑
   
だあああぁぁ!!!
気になる!!
気になってがぁ~ってなる!!(謎)
しかし・・・青春だな~・・・
いいな~・・・
From: ダブちゃ * 2006/11/23 09:08 * URL [Edit] * page top↑
   
いい友達ですねぇ(涙

恋愛シリーズは読み応えあるけど、それだけにもうすぐ終わってしまうのが惜しいです。
From: tanny * 2006/11/23 10:23 * URL [Edit] * page top↑
   
う~ん

表裏一体。
どちらも真実。
From: たけ * 2006/11/23 12:22 * URL [Edit] * page top↑
   
>>ベ リ ー 様

昌美がうまくいって本当に良かったです。
っていうか、むっはー!ってなんか気に入っちゃいましたよ。
ひそかに流行らせようかしら・・。
むっはー!

>>ち せ 様 

昌美がうまくいったのは本当に嬉しかったです。
っていうか男勝りの昌美があれだけ乙女になるなんて
ちょっとびっくりでした。
私は高校時代、恋の話がメインで生きてる様な
高校生でしたね。
あ~だから、成績が悪かったんだね。
グスン。

>>3 B b a k u  様

大正解!
お見事です。
っていうか3Bbaku さん、同じような経験って・・・。
それはそれは、痛い思い出ですね。
こんな経験は二度としたくないっす。

>>B S 様 

いろんなことを経験してきました。
そして今の番長があります。
もっと波乱の少ない人生が良かったです。
恋愛以外にもいろんな武勇伝がありますよ~。
うん。
もうね、言いたくてもいえないようなヤクザネタとか
あるしね・・。

過去の経験を鮮明に覚えているのはやっぱり日記があるからだと思います。
その時のドキドキしたこととか
素直に書いてるので。
それを何回も何回もよみかえしているから
その時の事を新鮮に覚えていられるのだと思います。


>>m e k a y a n 様

恋が人を成長させる。

う~んまさにそんな感じだったかもしれませんね。
恋をしてると、なにか他の事でもきらきらと輝けるように
なっちゃいますからね。
特に女の子は恋をすると、変わる、変わる!

>>イ ル カ 様 

この恋愛のどろどろの部分パート2が始まりました って感じです。
あんまり長くはひきのばす つもりはありませんよ!
実際、どろどろ期間は長くなかったし。
良いことが続けば嫌なことが出てくるものですねぇ。
人生ってうまいこといってるなぁ。

>>ダ ブ ち ゃ 様

青春でした。
甘酸っぱかったです。
今思い出してもあの頃はよかったなぁ と
しみじみ。
あ、い、いまももちろん、良いんですよ?
良いんですけど・・・。

あ、もうはい完璧です。
最高に今もいいです!
ってとりあえず、言っておこう・・。


>>t a n n y 様

たしかにこのシリーズは
もうそろそろ終盤にさしかかってますね。
でも、最後の最後にいろんなどろどろ劇があるので
結構しんどいかも。
あ!バナーバナー!
作ってもらえたらうれしいな~☆


>>た け 様 

先輩とあの女の事は
できるなら、うそが良かった で ファイナルアンサー!
From: 番長 * 2006/11/24 15:36 * URL [Edit] * page top↑
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

番長

Author:番長
小心者が世の中を語る。

script*KT*
フリーエリア


なかのひと
ログスター
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
最近の記事+コメント
リンク

バナーリンク
バナーをお持ちの方は
お知らせください
こちらでリンクを
貼らせていただきます

ダメダメな私
韓国生活一年目
つなんち
MaMa★Bonba
俺色フラクタル
カッパカフェ!
love cherry!
がんばる拓りんママの日記
うらら。
はい、どーも 
か~ちゃん日記 
へなちょこ 
ブログらしきもの・・・
ぷりりな日々
ねじを巻け、そして服を脱げ。
黒沢の日記
M様の耳はロバの耳
 穴があったら叫びたい
みかんのはっぱ。
ヒトヅマ生活
 ~あくまで育児日記です~
まほうがとけない
ぽこ温泉
てくてく歩いて

番長にメールしよう

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。