スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

------------------------------------------------------
☆☆こちらもよろしく☆☆
ちょろんぬとのびたの大冒険←クロスステッチブログ

スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * page top↑ * [Edit]
恋愛小説風あの頃の番長は若かった④-17 
2010 / 04 / 02 ( Fri )


恋愛小説風あの頃番長は若かったシリーズ
まで立ち上げました。




初回はこちら。
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-1

続きはこちら。
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-2
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-3
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-4
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-5
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-6
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-7
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-8
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-9
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-10
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-11
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-12
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-13
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-14
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-15
恋愛小説風、あの頃の番長は若かった④-16
クリスマスを
あと1週間をきった頃だったと思う。

私はその日、
高校の友達の家に泊まりに行っていて
家に帰らなかった。
翌日、家に帰ると母が、

「昨日から何回か、昌美ちゃんから電話があったよ」

昌美とは私の親友。

「何回かって何回ぐらい?」

「3回ぐらいかなー、3回目ぐらいにかかってきた時に、
 友達の家に泊まりに行ってる って言ったら
 かかってこなくなったけど」

「ふ~ん」

なんだろう?

早速、彼女の家に電話をしたが、
どれだけコールをしても
誰もでない・・・。



私は特に気にする事もなく、
夜遊びで疲れた体を休ませるために、
布団の中に潜り込んで
そのまま寝てしまった。



しばらくして、家の電話がなった。
昌美だった。


「もしもし??」

「ちょっとゆみ!あんたどこに行ってたん?」

「昨日?ごめん、友達の家に行ってたんだよー」

「ベルは!?」




ポケベルはアレ以来、一度も電源を入れてない・・・。




「ごめん、ポケベル電源入れてないんだ・・・」

「なんで?」

「やっぱ、色々あっ」

「それより!!!」

彼女は私がベルの電源を入れていない説明を
聞くよりも
自分が言いたい事を言うのが先!と言わんばかりに
大きな声で話し始めた。



「ねぇ、そのあんたの好きな先輩の彼女って本当に、
 中学校の時のあの、高田洋子なんだよね?」


「そうだよ・・・・」

「間違いないよね?」

「うん・・・・。」

「証拠ってある?」

「なんで?」

「本当に高田洋子なんだって、目で確かめたり、した?」

「してないよ。先輩から聞いただけ」


「ゆみ・・・・。その先輩と高田洋子、別れたんじゃない?」

「えっ!!なんで?何?その情報なに?」


突然の事にびっくりした。

高田洋子の事は知ってても、
先輩の事は知らない彼女が
なんで突然そんな事を言うのか・・。


「こないだ、バイト先に高田洋子、来たよ・・・・」


彼女がバイトをしてるのは、
駅前にある居酒屋だった。


「なんで、富山にいるん?それもあの人、妊婦だよ?」


そう。
高田洋子は先輩と一緒に、
隣の県に住んでるはずなのに。

なんで、地元に居て
妊婦なのに、居酒屋にいて、
お酒なんて飲んでるの?


妊娠を継続していれば、
おそらく5ヶ月半~6ヶ月ぐらいになるはずなのに。


「お腹・・・・目立ってた?」

「全然!タバコも吸ってたし、妊娠してないんじゃない?」

「・・・・・本当に?」


私は何がなんだか分からなくなっていた。



高田洋子と先輩が今でもつながりがあるのか?

お腹に赤ちゃんは居るのか?

妊娠は嘘だったのか?

それとも堕胎だったのか?





「それとさぁ・・・・」

「何?」

「バイトしながらだったから、はっきり分からないけど、
 高田洋子、男の人と一緒に居て、
 その男の人とキスとかしてた感じだったよ」

「うそ!!!」


その男が先輩なのか、それとも他の男なのか・・・・。

「その男、どんな感じだった?」

「えー背が180ぐらいある長身で~」

「え!!!!!」

すぐに先輩じゃないって分かった。

先輩は背がそんなに高くない。
でも、念のため、
外観を全て聞いた。

「色白?色黒?」

「がっちり?細身?」

「めがね?」

「芸能人で誰に似てた?」

色々質問攻めにして、
見事に先輩に当てはまらない事に
嬉しくて嬉しくて、たまらなかった。


ちょっと待って?
整理しよう。

高田洋子は今、富山に帰ってきてる。
妊娠はどうみてもしていない。
そして先輩以外の男の人と居る。


先輩達・・・・・

別れたの??

終わったの??








「ゆみ!!先輩に電話してみなよ!!」

「うん!ちょっとドキドキだけど、してみるよ!!」


私は昌美との会話で
とっても興奮していた。
先輩達が今どんな状況なのか分からないけれど、
今は一緒に居ないって事が
なんだか妙に、
いや、
ものすごく嬉しかった。











でも・・・・・・・。

それでも、
待って・・・・。



あの二人が終わったからって何??

だからって私と先輩が
元通りになれるの??

先輩にはもう、
私への想いなんて、ないよね??

だから、連絡だって
してこないんだよね?




さっきは、昌美に勢いで
電話をしてみる って
張り切って言ってみたけど、



興奮は一気に冷めて
私はただ、

先輩達が終わりを向かえていたとしても、
だからと言って、

私と また
元に戻れるわけじゃない事に気付き、

電話をかけるのを辞めた。




その日の夜、

昌美とまた電話をしていると、
昌美のお母さんから
「あんた達、家も近いんだから、会って話せば?」

と、要するに、
無駄にだらだら長電話しない! の令が出されてしまった。


「どうする??」

「電話、やめる?」

「会う?」

「でも、外寒いよね?」

「分かった!あんたポケベルの電源入れてよ」

「あーベルで話そうって事ね?」

「うん!」

って事で、
電話は辞めて、ベルに変更した。

そこで私は、
先輩と別れて以来、
初めてポケベルの電源を入れた。





「ケッキョク、コワクテ、デンワスルノヤメヨウカトオモッテ・・・」


「タシカニ、イッテルコトハ、ワカルヨ・・・」


こんな感じで、延々と会話をしていたと思う。

彼女とメッセージを送りあいながら、
夏に受信した先輩からのベルを
1件、1件 懐かしく読み返していた。


「ソウイエバ、サイトウサンゲンキ?」

「アーアイカワラズ、ガッコウナイデニンキダヨ」

「ソウナンダー。ゲンキナラヨカッタヨ」

「ッテイウカ、アノヒト、サッソク、ベツノカノジョ
 ツクッタミタイヨ」

「ハハ、ハヤイネ」


そっか。
斉藤さんは新しい彼女が
もう居るのか。

本当にあの時は考えなしだったって言うか、
やっぱりうまくいかないものなんだなって言うか、

そうやって、先輩の事や、斉藤さんの事、
昌美の好きな人の事などを、
3時間も4時間も
お互いにメッセージを送りあっていた。


楽しい話をしてる時は
あっという間に時間が経ってしまう。
気が付いたらもう、12時をすっかりまわってしまっていた。


さすがにお互いの親にそれぞれ、怒られて
ベルはやめたが、最後に昌美から

「モウ、ズット、デンゲンイレテオイテヨネ!ワカッタ!?」

「ハイ・・・」


私はその日以来、またポケベルの電源を
復活させた。






ねぇ、昌美。

あの日昌美が、「ベルの電源を入れておいてね」って
しつこく言ってくれなかったら、

私と先輩は再会しなかったと思うよ・・・・。
スポンサーサイト

------------------------------------------------------
☆☆こちらもよろしく☆☆
ちょろんぬとのびたの大冒険←クロスステッチブログ

あの頃番長は若かったシリーズ * Com(12) * Tb(0) * page top↑ * [Edit]
   
え?ゥホ!一番乗り?ウキャ
なんだかもう頭の中は日本地図でマクドナルドで~
番長様の恋の行方をほんのチョビット忘れ気味でしたわ・・・
でもでも 即思い出しました。
その親友の方がもういらっしゃらないと思うと、感慨もひとしおです。
From: 由岐乃嬢 * 2006/10/19 21:39 * URL [Edit] * page top↑
   
タイマー設定、良かったようですね。

うーむ、展開が気になります。
番長様が電話できないのも分かりますが
rail子なら、電話します、多分・・・orz

最後の4行の文章。
切ないですね。

番長様の思いは、昌美様に勿論、届いており
また、昌美様は、番長様の事を今でも、守っていると思います。

人は死んでも、魂は存在し、気持ちは通じていると思っているrailでした・・・orz

From: rail * 2006/10/19 21:46 * URL [Edit] * page top↑
   
おお、希望の光が見えてきましたね~。
ほんと臨場感たっぷりで、現在進行しているかのようです。それだけ鮮明な記憶と細かな日記があるからなんでしょうね。

私も、この思いは昌美さんにはきっと届いていると思います・・・。
From: tanny * 2006/10/19 22:17 * URL [Edit] * page top↑
   管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From: * 2006/10/19 22:17 * [Edit] * page top↑
   
運命の分かれ道ってかんじですね。
次はどうなるんでしょうね。

話し変わるけど
ポケベル使ったことないんだよねぇ....
From: たけ * 2006/10/19 23:17 * URL [Edit] * page top↑
   
あわわ。
運命のちょうど分岐点のところですね。
昌美さんの言葉が無かったら・・・。
そう考えると、考え深いです。

いつもいつも、展開が気になっております。
(マックの件も)
というわけで、もしよろしかったらリンクさせてもらえないでしょうか??
ご検討の程、よろしくお願いいたします。
From: ひよこ隊長 * 2006/10/19 23:46 * URL [Edit] * page top↑
   
ほらほら~(*^~^*)やっぱり妊娠はウソ
だったんだよ~。でも・・・昌美さんが糸を
繋いでくれたんですね。
From: mossしのぶ * 2006/10/20 00:25 * URL [Edit] * page top↑
   
地味に 斉藤さんのことを考えてしまいました
新しい彼女 すぐにできたんですね(汗
ちょっと寂しいと言うか悔しい感じもするけど ホッとすると言うか…
という風に 私なら思うと思いました

次回は先輩と再会か~
ポケベルに連絡が入りそうですね
>しつこく言ってくれなかったら、
ってところで 昌美さんに感謝してるんだなと思いました
また 読みに来ますv
From: 由子 * 2006/10/20 00:46 * URL [Edit] * page top↑
   
何か、ポケベルって凄く懐かしいですよね (*ノノ)
今思うとメッセージを入れるのがあんなに大変なのに
みんなよく使っていましたよね (≧m≦)ぷっ!
ってか、妊娠はウソだったのかな? (・∀・)ニヤニヤ
From: 3Bbaku * 2006/10/20 01:03 * URL [Edit] * page top↑
   
先輩に何があったのか・・・(ーー;)
やっぱりあれか?妊娠うそだった説濃厚か?
どうなんだ~!!(T_T)

昌美さん、良い人ですね~・・・
もう居ない方だと思うと・・・なんだか切ないです・・・
From: ダブちゃ * 2006/10/20 11:36 * URL [Edit] * page top↑
   
タイマー投稿?毎日6時になったら、続きが見れるの?
こりゃあ、夕食の支度、繰り上げないとダメだな・・・
このあとの展開も、非常に気になりつつ
サッサと電話せんかい!と、若き番長に、
オバハンのあつかましい考えで、イライラしたり(そうよね。まだ若い乙女なんだもんね。)

昌美ちゃん。切ないね。遠いところにいっても、心は、きっと通じ合っているのね。
その後、先輩に会えたのも、彼女の思いが、
そうさせたのかもね。
From: がみがみかーこ * 2006/10/20 14:24 * URL [Edit] * page top↑
   
>>由 岐 乃 嬢 様 

マック地図・・・・。
全然進んでないや・・・。
ちくしょー!!!

そうですね。
昌美がもう居ないのは、
本当に寂しくて悲しくて
今でも辛いですね。

今回のこの恋愛は直接関わってこないけれど
深く昌美が関わってる気がします。


>>r a i l 様

タイマー設定、良かったみたいです。
オイラもやればできるじゃん!

rail子なら電話してますか~。
オイラはあの時、ものすっごい
考えて考えて考えて。
結局しませんでしたねー。
かけたからっておいらと戻れるんかなーって
考えて。

今でも見守ってくれてますかねー。
彼女も、墓参りに行く都度、
オイラに泣かれちゃ、こまりますよねー。ははは。

>人は死んでも、魂は存在し、気持ちは通じていると思っているrailでした・・・

通じてるといいなー。
どんな風に今の私を見てるかな~。


>>t a n n y 様 

希望の光、見えてきましたか??
いったいこの先どうなっちゃうんでしょうねー。

番長はこの恋愛のことは本当に細かく日記にしてたみたいです。
おかげさまで、読み返すとめちゃくちゃ恥ずかしいですよー。

昌美には常に感謝のしっぱなしでした。
今回の「ベル入れておいてよね!」も
直接彼女は恋愛には関わっていないけれど、
タイミングってものをみはからっては
私と先輩を再び元に戻そうとしてくれてる
気がしましたね。
運命なんですかねー、彼女のバイト先に来た とか
ベルを入れておいて としつこかったり とか
それら全部がなかったら再会にはつながらなかったと思いますから・・・。
そう考えたら、なんだか怖い!


>>た け 様 

ポケベルつかった事ありませんか!?
番長よりちょっと前世代ははやりまくってた気がします。
ちなみに番長が高校3年の時から役2年後ぐらいまでは
ブームだったかと思われますよ・・・。

オイラはめちゃんこ早かったですよ、数字打つの・・・(笑)


>>ひ よ こ 隊 長 

昌美の言葉がなかったら・・・・。
そう考えると本当に深いですね。
彼女はこの恋愛に直接的に関わったわけではないのですが、
見えない部分ですっごく関係してると思います。

マックの件・・・・・・
いやーなんだか残念なことになかなか先にすすみませんねー。
グスン。

リンクの件、全然OKですよ!
オイラも貼らせてくださいね~。


>>m o s s し の ぶ 様  

妊娠は嘘だったのか?!
次回明らかにします。
(多分)

そうなんですよ、見えない所で
昌美が一生懸命二人を引き寄せようとしてる感じがして
とっても不思議でしたね。
キューピットみたいでした。


>>由 子 様 

斉藤さんは新しい彼女がすぐにできたみたでした。
彼も私も誰でも良かったんだと思います。
そんな恋愛もありだと思います。
最初はお互い夢中になれるはずだと思って
恋愛を始めてるのは間違いないですから・・。
私はぶっちゃけ、ホッとしました(笑)

次回は先輩と再会。
するかな!?(ぇ)
ずるずる延ばしてないで先に進めなくちゃ・・
って思いながらも、
なぜかこのペース・・・(汗)

しばらくお待ちくださいませ!!!


>>3 B b a k u 様

ポケベル懐かしいですか~。
時代背景が伝わってきますか!?
そうそう、メッセージ入れるの大変でしたよねーアレ。
でもみんな数字うつのめちゃめちゃ早かったですよねー。
ちなみに番長も結構早い方でした。
アレってベルを全然やらない人からみたら
びっくりするぐらい早いらしいです。

>>ダ ブ ち ゃ 様 

妊娠嘘説?果たしてあの女の身に何が!?
次回ぐらいには明らかにしたいと思います。
しばらくおまちくださいね!

昌美もう居ないんですよ。
もう6年です。
早いなー。すっごい早かった・・・。



>>が み が み か ー こ 様

タイマー投稿は、毎日6時じゃなくって
たまたま昨日、ためしに使ってみただけです。
だから今日からはまた、番長が更新ボタンを押した時に記事になります。
期待を裏切ってすみません・・・。

サッサと電話できなかったんですよねー。
電話してなにになる? って・・・。
もしかしたら また次の女もいたりして? とか
色々考えましたねーアレは。

そうですねー彼女が今回この恋愛には直接かかわって無いにしても
裏で大きくつながってる気がしますね。ホント。
彼女にこの恋愛の事を言わなかったら、
再会もしなかっただろうし・・・。

不思議です・・・。
From: 番長 * 2006/10/20 22:39 * URL [Edit] * page top↑
Comment to this entry
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackback to this entry
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

番長

Author:番長
小心者が世の中を語る。

script*KT*
フリーエリア


なかのひと
ログスター
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
最近の記事+コメント
リンク

バナーリンク
バナーをお持ちの方は
お知らせください
こちらでリンクを
貼らせていただきます

ダメダメな私
韓国生活一年目
つなんち
MaMa★Bonba
俺色フラクタル
カッパカフェ!
love cherry!
がんばる拓りんママの日記
うらら。
はい、どーも 
か~ちゃん日記 
へなちょこ 
ブログらしきもの・・・
ぷりりな日々
ねじを巻け、そして服を脱げ。
黒沢の日記
M様の耳はロバの耳
 穴があったら叫びたい
みかんのはっぱ。
ヒトヅマ生活
 ~あくまで育児日記です~
まほうがとけない
ぽこ温泉
てくてく歩いて

番長にメールしよう

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。